引きこもりゲーム部、殻を破ってVictory

引きこもりニートが好きなゲームについて、自分から発信してくことに挑戦するブログ

Rainbow Six Siege

【R6S】初心者に知ってほしいコツ

投稿日:

 

この記事では、Rainbow Six Siege(R6S)初心者に
プレイするときに意識してほしい事を個人的な見解で解説していきます!
FPSゲーム初心者の方もぜひ参考程度にしてください。

R6Sの基本的なルールは、一度死んだらそのラウンドはリスポーン不可。
このことが重要になってくるのでお忘れなく。

知ってほしいコツ

今回は知ってほしいコツとして、R6S/FPS初心者に伝えたいことは

ズバリ!!

立ち回り方です!

まずR6Sでは、死なないことが大事になる。
なぜ死んではいけないのか?

5vs5のため1人減るだけで人数差で不利になる
→単純に人数が多ければ多いほど有利。

情報による不利
→死んでしまうとトッケビやカベイラなどが居る場合、
位置情報・カメラの情報が知られてしまい不利になる。


基本的に、死ぬと人数差で不利になってしまうことを知っておこう。

それでは、初心者がなるべく死なないためには
どういうことを意識すればいいのか紹介していきます。

 

無理に撃ち合いに行かない

位置がばれている場合
無理に撃ち合いに行く必要がない事を知ってください

敵が待ち構えているところに、頭を出してしまうとあっという間にやられてしまいます。
→危ないのが、ミラのブラックミラー。落とし戸など

R6Sブラックミラー

敵に撃たれないよう移動できるなら、速やかに引くこと。
防衛なら現地(防衛ポイント)へ、攻撃なら屋外の遮蔽物などで安全確保しよう

別の場所で敵を待ち構え、やってきたところを仕留める。
倒せなかった場合、再度覗き込まないで
別の場所に移動しもう一度敵を待ち構える。

これを繰り返すのを意識するとかなり変わってきます。

 

敵をキルしたときも、なるべく引けるなら引いて安全を確保
引いてからリロードやカメラ/ドローンで索敵をする。
癖をつけると死ににくなること間違いなし。

もし無理な状況なら、なるべく他方向から撃たれない場所に移動し
敵がやってくるところだけに集中し敵を待ち構える。

 

人数的有利だからといって、飛び出しや、突撃してしまわないようにしよう。
敵は残り1人だ!と言って飛び出し逆転されて負けるという事もあるので注意。
相手の位置をしっかり把握できている場合のみ有効な攻撃方法。

 

防衛は現地の守りをするために戻るタイミングが大事になる。無理な撃ち合いで死なないようにしよう。
攻撃はドローンなどで索敵し、クリアリングをしっかりし制圧するのが理想。

 

※グレネード/ニトロ等のガジェット攻撃には気を付けよう。
イェーガーのADSなどで対策できるならしておこう。

 

位置が知られたら動く

カメラやドローンによって、自分の位置が知られてしまった場合
直ぐにその場から離れる。

 

赤いピンが位置を示すため、壁越しなどから貫通して撃たれてしまう。
位置が知られたら、すぐ動く

決断が遅れると状況によっては敵に挟まれることもある。
忘れないよう頑張って!

 

死なないためには、位置が知られてない事が1つのコツです。

 

ゲームに慣れてきたなら、ドローン・カメラ等の破壊を優先してみよう。

上手い人になってくると、ドローン・カメラをしっかり回して索敵をしてきます。
→赤ピンを付けない索敵をすることもある。
仲間にも赤いピンが出ないため位置情報の共有ができないが
VCパーティーなら口頭で説明できるので強い。

 

 

音を聞く

Free-Photos / Pixabay

これに関しては、ヘッドセットなどゲーム環境に左右されてしまうので参考程度に。

FPSゲームにおいて大事なのはプレイ技術はもちろんのことですが

『音』

これがかなり重要な要素になります。

では、どんな音が大事なのか?
・銃声
・足音
・壁/バリケードを割る音
・ドローンの音

などなどです。
どうして音を聞くといいのか?
銃声や足音、壁などの破壊音は、敵の位置、行動を知る手掛かりになるからです。

簡単に言ってしまえば、音がした方向を向いていれば”敵が来る”ということです。

※しゃがみ移動などは足音が小さいので気づきにくい、
後ろからきていても気づかないことも?!

そのため、音を聞き分けて相手の位置を知りたいなら
スピーカーを使ってプレイしている場合、イヤホン/ヘッドセットにすることをお勧めします。

 

+α、さらなる上達には?

ある程度プレイしていると、敵に弾が当たらない
撃ち勝てないそんな、思いを抱くでしょう。

そういった場合は、練習あるのみ!

と、言って終わってしまうのはさみしいので、打開策の紹介。

上手いプレイヤーの動画をみる
→単純に上手いプレイヤーの真似をしてみる、ということです。
立ち回りや、どんな場所を射撃しようとしているのか知り、自分のものにしていく
特に大会など、世界中の上手いプレイヤーの動きを知ることも勉強になります。

※自分がフルパーティーで遊ぶならタメになる。
ソロの場合、野良と連携するにはVC必須になるので参考程度に。

 

テロハントクラシックで練習
→これは有名ですね。色々なプレイヤーが推奨している練習です。
ヘッドラインを意識した練習や、素早くエイムを合わせる練習、決め打ちなどですね。
攻撃オペレーターの武器の練習にも使えます。

今回紹介した、無理な撃ち合いをしない、位置がばれたら動く、の練習にも使えるので意識して取り組もう。

難易度は一番低いノーマル。モードはテロハントクラシック。
マップは好きな場所でいいかもしれませんが、「民家」がオススメされています。
狭いため敵を短時間で倒して回せます。数をこなしたい場合、「民家」でいいと思います。

 

マップ研究はカスタムマッチ
→知っているのと知らないとでは差が出てくる、マップの理解度
壁や床、何処からどんなふうに見えるのか知っているだけで、有利に立ち回ることができる。
これまた、上手い人のプレイをみると使っていたりするので真似してみましょう。

カスタムゲーム
1.ローカル
2.作成
3.プレイリストの作成、ノーマルモード
4.マッチ追加→好きなマップ、ゲームモードを選択
5.ゲームモード設定→準備フェーズ15秒、アクションフェーズ600秒
6.プレイリストをセーブ
7.作ったプレイリストを選択し、ゲームを作成
8.プレイヤーとして作成→防衛か攻撃か選んで開始。
これでマップを散歩できます。
時間設定やラウンド数は、お好みで設定しよう。

 

                            

おわりに

意識してほしいことは
無理な撃ち合いをしない
敵を倒したら引く、倒せなくても退却
位置がバレたら動く
音を聞く

死ななければキルしなくても、ラウンドを勝利することも可能。
ディフューザー設置をする/させない、人質を回収する/させない
エリアを確保する/させない

防衛の究極の立ち回り方は、相手に時間を使わせる(1人でもやればできそう

攻撃の究極の立ち回り方は、すばやく現地を制圧する(1人じゃ無理)

死ななければ、チャンスが生まれるので、意識しながらプレイするといいかもしませんね!
キルだけがすべてじゃない戦術を競うゲーム「Rainbow Six Siege」を楽しもう!

それでは、楽しいゲームライフを送ってください!ばいばい(@^^)/~~~

 

 

スポンサーリンク

こうこく




スポンサーリンク

こうこく




-Rainbow Six Siege
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

レインボーシックス シージ イングについて

  こんにちは、からやぶです!   レインボーシックス シージ イヤー2シーズン3 新オペレーター紹介、最後の3人目です   攻撃側オペレーター、「YING」です! &n …

レインボーシックスシージ スレッジの使い方

    こんにちは、S.A.S.オペレーターだけをとりあえず解除した、からやぶ(@1Kara_YaV)です。 今回は、そんなS.A.S.のスレッジについてです!

レインボーシックスシージ パルスについて

こんにちは、からやぶです。 今回は、レインボーシックスシージのパルスについてやっていきます。 坊主でサングラスが目立つオペレーターです!   目次PULSE(パルス)心拍センサーメインウェポ …

【R6S】期間限定イベント「アウトブレイク」をプレイしよう!

  こんにちは、こんばんは! ゲームが毎日楽しいからやぶです(@1Kara_YaV) 今日の話題は、PS4のR6S期間限定イベント「アウトブレイク」です プレイはしてみたでしょうか? 4週間 …

【R6S】グリッドロックの紹介

  今回は、Rainbow Six Siege Y4S1から参戦する攻撃オペレーターの紹介をやっていきます。   主に、武器、ガジェットに関する個人的な意見を交えて紹介していきます …